住宅ローンの滞納が続くとどうなる?差押・競売以外の選択とは?

解雇や給料の減少などを理由として住宅ローンを返済予定通りには払えない場合があります。
そして、住宅ローン滞納が1カ月・・2カ月・・と続くと、最終的には自宅差し押さえとなり、競売開始決定通知が届くことになります。

このように、そのまま住宅ローンの返済を行わないでいると強制的に競売に掛けられ、自宅を立ち退かなければならなくなります。そうならないうちに、事前に対応策を練っておくことは非常に重要です。

このような場合の対応策として、「自宅を任意売却する」といった方法があります。この任意売却を競売の開札日前日までの間に契約を成立させることによって、競売で自宅が安く売られることを回避することができます。

しかし、滞納が続くと強制まで自動的に事がどんどんと進んでしまいます。ですから、これを食い止めるにも、任意売却を行うことを検討する場合には、すぐに信頼できる不動産業者を探すことが大切です。最近ではネットを利用すれば、任意売却に実績を持っている不動産業者を簡単に検索することができるようになっています。

住宅ローン滞納で強制売却される前に!任意売却を検討しませんか?

競売によって自宅が売却されると市場価格よりもずっと安く売られるケースが多いために、何としてもこうした事態を避けることが重要です。また、強制売却されると住むところを失うだけでなく、その後も一括返済という形で残債ローンは残ったままになります。


そこで、こういったデメリットの多い競売を避けるために任意売却という手段を選択する人が多くいます。任意売却という手段を用いれば、競売価格よりもメリットが多いのが選ばれている理由です。


例えば、高い価格で自宅を買い取ってもらえる可能性が高くなりますし、残ったローンの分割返済にも柔軟に応じてもらえる場合が多いです。また、家族が精神的に追い詰められることもなくなります。そうしたことから、競売よりも任意売却のほうがメリットが大きいといえます。


任意売却を決断した場合には、任意売却に詳しい不動産業者に相談にのってもらうことが重要です。不動産屋を一軒ずつ訪問して相談するのは大変ですし、専門としている業者はそう多くはないので、インターネットなどで全国対応の任意売却に詳しい業者さんを見つけて相談をすることを推奨します。